繰り返しになりますが、「業者手作りのHP」と業者が「デザインのプロに委託したHP」では、どちらが正確に貸別荘の事を伝えることができるかと言うと、前者に軍配が上がることでしょう。

 客からの問い合わせに対して更新をしていることが多いので、より使いやすく別荘の実情に合っているページになっていることが多いものです。

 では、ホームページをチェックしてみましょう。

1 別荘全景写真など

 くどいようですが、「別荘全景写真」は、重要なチェックポイントだと思います。しかし、別荘写真が建物の一部だけと言う場合もあります。本当に建物の一部分しか撮影できないケースもあるかと思いますが、明らかにわざとトリミングをしていることもあります。画像が小さすぎてはっきりしないケースも、注意が必要です。

 「別荘全景写真」がない場合は、ずばり「なぜないのか」問い合わせるぐらいの慎重さがあってもいいかと思います。

別荘全景写真からは、次の点がチェックできないか見てみます。
別荘の周辺の環境(住宅街か林の中か、日照・通風は良さそうか等)
・建物の雰囲気や築年数が古いかどうか
・建物のタイプ(隣接して建物がないか)

2 予約状況から分かること

 ホームページ上で、予約状況が分かるホームページは、業者の手作りである可能性が高くなります。刻々と変わる予約状況を、いちいち他に更新してもらっていては返って手間がかかります。予約状況が分かるホームページは、問い合わせも電話とファックスだけでなく、メールやフォームでできるはずです。

 予約状況を見て定期的にお客様が入っている場合は、管理・清掃か定期的になされている事と同等の効果があります。(しっかりやっていればの話ですが。)

 夏などのシーズン期に、予約状況が予約でいっぱいという大手(別荘がいっぱいある)の業者の場合、アルバイトの人が入っている可能性が高いです。清掃・管理がしっかりできているかの確認が必要です。

3 Q&Aがあるかどうか

 Q&Aがあるホームページも、インターネット上で取引が良くあるかどうかをチェックするポイントになります。単純に考えて、問い合わせがよくあるページだから、手間を省くためにQ&Aがあるわけです。

 確認方法   建物全景写真や予約状況を良く見る
[ビサージュ トップ][シトロン][カナリ][ブラン]  [トップ][次へ